電気自動車から家庭への逆送電

逆送電システムとは?
逆送電システム
電気自動車の充電ポートとは、ご家庭から電気自動車へ充電を行う為の設備になります。
それに対して逆送電システムは、文字通り電気自動車からご家庭の電気として通常とは逆の方向で電気を供給する設備です。
逆送電システムを装備しておけば、緊急時・災害時に停電が発生した際、 電気自動車の蓄電池に蓄えておいた電気を、ご家庭の電気設備へ供給する事が可能となり、 電気自動車をライフライン復旧までの仮設電源としてご利用頂ける様になります。
スタンドアロンV2Hシステム™
スタンドアロンV2Hシステム
弊社では、「スタンドアロンV2Hシステム™」を提唱しております。
これは、逆送電システムを既存の電気設備に接続せず、独立した配線として設置するシステムです。 スタンドアロンV2Hシステム™は、電源供給が必要な機器を、本システムで設置する赤いコンセントに接続して使用して頂きます。
V2Hシステム盤                オリジナルコンセント
このシステムで使用していただければ、システムそのものが非常にわかりやすい構造であるだけでなく、 他の系統連携型V2Hシステムで発生する、送電線からの系統電源と電気自動車からの逆送電源の切換時の瞬間停電や、 負荷電流の違いからくるリーク電流等のトラブルも防ぐ事が出来ます。

※他のシステムとの違い等、詳しい解説をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さいませ♪
上記に説明した通り、システム自体のシンプルな構造のおかげで、他の系統連携型V2Hシステムのような高額な設置費用がかかりません。

本システムの工事料金はこちら!
MiEV power BOX
また、このシステムでは『MiEV power BOX(ミーブ パワーボックス)』のような、 電気自動車から電気を取り出す為の装置が必要になりますが、この装置は持ち運びが自由な為、 災害時に限らず、アウトドアなどのレジャーや屋外イベントなどでも、電源供給が可能になります。
またアウトランダーPHEVなどの車種であれば、ディーラーオプションで電気を取り出す為の装置を内蔵する事が出来ます。
プリウスPHVをお使いの方は「ヴィークルパワーコネクター」をリーフをお使いの方は 「リーフ TO 100V」使用する事で「スタンドアロンV2Hシステム」 をご利用いただけます。

報道媒体での紹介

TVニュース番組での紹介
EVテクニカでは早くから、電気自動車から家庭への逆送電に着目し、既に多くのお客様宅に着工・運用を行っております。
それに伴い2011年10月に工事を行ったお宅の逆送電システムが、2011年12月1日放送のフジテレビの報道番組「ニュースジャパン」で紹介されました。
ニュース記事の概要

番組では、東京モーターショーでの様子を中心にレポート。「エコカーのセールスポイントも、もはや単なるエコではなく、エコ・プラス・アルファになってきている。」と解説。
「プラス・アルファ」の一例として弊社に工事をご依頼して頂いたA様(番組では実名ですが、ここではお名前を伏せさせたいただきます)のお宅が紹介されました。
電気自動車購入の最大の決め手となったのは、震災の影響が大きかったとA様。
電気がないといかに大変かがわかった」との事。

電気がないと大変なので電気自動車を購入」とは、一見逆なのでは?
その答えとして、弊社が充電設備工事の一環で行った、逆送電システムによって、
クルマの電気を家で使用できることを紹介。
電気自動車を評した、A様の「走る蓄電池」という言葉と共に、レポートのまとめ部分へ。
番組の映像等は、権利関係上ここでご紹介することはできませんが、施工時に、お客様の許可を得て、弊社で撮影させていただいた画像をご紹介いたします。
施工時の写真オリジナルコンセント
左はEV充電ポートの写真、右は室内に設置した逆送電用のコンセントの写真です。
逆送電用コンセントには、通常のコンセントとの区別が一目でわかるように、赤い着色を施しております。なお、このコンセントはオリジナルの為、EVテクニカの関連業者以外では使用しておりません。またこの商品の販売は行なっておりません。
地域お祭り・イベントでの逆送電システムの実演展示
EVテクニカでは、より多くの方に逆送電システムを知って貰う為、地域主催のお祭りや電気自動車レース等のイベントに出店しています。
そこで社用車両として使用している「MINICAB-MiEV」に蓄えた電気を、逆送電システムを使って設営ブースで使われる全ての電気を賄うパフォーマンスを行っております。
夏祭りでの出店ブース夏祭りでの出店ブース
▲夏祭りでの出店ブースの様子
常時最大1500Wの電気を供給出来る為、ほぼ半日以上にわたってブース全体の電気を賄うことが出来ます。
電気自動車レースでの出店ブース電気自動車レースの様子
▲電気自動車レースの様子
場合によっては、会場に搬入・常設する電気自動車の車両を増やす事で、より多くの電気を供給する、又はより長い時間電気を供給し続ける事も可能です。

イベント主催者様、企画運営会社様からの電源供給としてのご依頼もお待ちしております!

工事料金について

一般家庭用基本工事費
¥50,000〜
※部材費込み(注1)
キャンセル料無料

注1)逆送電システム稼動の為には、MiEV power BOX等のAC電源出力機器が必要です。
注2)上記金額には、消費税は含まれておりません。

MiEV power BOXの使用方法

電気工事業を行う業者は、電気工事業法に基づく登録等が必要です。
弊社は神奈川県知事より電気工事業者としての登録を頂いております。

登録電気工事業者登録票
詳細はこちら →